金井 幸代

常勤医師 / 医師, 小児科




なぜ医師を志したか

はじめまして。この度、こちらで勤務することとなりました小児科医の金井です。 

男子高校生の母親でもあります。

私は、四国の徳島県で生まれ、自由な環境で育ちました。

祖父は教師、父は警察官、昭和の田舎でしたので、子どもの私がイメージできる職業は限られていたこともあり、小さな頃には幼稚園や学校の先生になりたい、と思っていました。

高校生の頃には、自然科学に興味を持ち、地球上のみんなが幸せに暮らせる世界になって欲しい、という思いを募らせながら、まずは人体や病気のことを学び、少しでも周囲の人々の役に立つことができれば、と単純に考えて、地元の医学部に進学しました。

小児科医を選んだのは、子ども時代に思い描いていた幼稚園や学校の先生のイメージが重なったからだと思います。

大学病院や総合病院では、入院中の子供たちが一刻も早く元気になるよう、積極的な検査や治療をすると同時に、ご本人やご家族の気持ちに寄り添うよう努めました。

体調が良くなった子供たちの無邪気な笑顔は何ものにも代えがたく、元気に退院する姿は本当に嬉しく、励みになりました。

自分が子育てをするようになってからは、どうしても母親目線となり、新生児室や外来で診察や注射をしながら、この子が元気で大きくなりますように…と、密かに願をかけてきました。

お父様お母様にとって、かけがえのない大切な大切なお子さま。その一人ひとりが、私たちにとっても、大切な可愛い子どもたちです。

社会全体が、子どもたちの健やかな成長をサポートする必要があると思っています。

お子さまの発熱や嘔吐などの体調不良、育児の不安などを、いつでも気軽に相談できるクリニックとして、近隣の先生方の負担を少しでも軽くする事で、この地域全体の医療体制が強化され、安心して子育てできる地域となるよう、微力ながら貢献したいと考えております。

どうぞ、子育て中の皆さま、色々とお一人でかかえずに、いつでもお気軽にご相談下さい。

経歴

1997年3月     徳島大学 医学部医学科 卒業
2001年3月     徳島大学大学院 医学研究科(小児科学講座)修了
1997年4月     徳島大学医学部附属病院
2000年4月     国立がんセンター研究所
2002年10月     国際医療研究センター 小児科臨床研修指導医 
2004年9月     同センター 小児科 厚生技官
2006年4月     新宿区 牛込保健センター 非常勤嘱託医
2008年4月     中林病院 小児科
2013年5月     いなおかクリニック 院長
2016年1月     同 小児科
2019年12月     ヘルスケアテクノロジーズ株式会社
2021年6月     有明みんなクリニック 小児科

資格・所属 

  • 医学博士
  • 日本小児科学会 小児科専門医
PAGE TOP